THREEHUNDRED サスペンションキット winding+

型番 THAB2510
定価 338,000円(税込365,040円)
販売価格 338,000円(税込365,040円)
購入数
セット
Front バネレート

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2510
■商品名 サスペンションキット winding+
■適合車種 ABARTH500・595・595C・695・595シリーズ4共用

■商品仕様
・減衰力調整  前後20段減衰力調整
・バネレート  Front/6kg or 7kg Rear/4kg
        フロントヘルパースプリング
・ダンパー形式 正立式フロントダンパー
・車高調整   フロント/ネジ式車高調整・全長調整式
        リヤ/ネジ式車高調整
・車高調整幅  フロント約-70mm(595純正車高より)
        リヤ約-40mm(595純正車高より)

更なる走りの高みを追及した究極のストリートモデルがwinding+です。
フラットな乗り心地は確保したいけど、ワインディンでは更なるハンドリングを求めるオーナー様向けに開発した商品です。

Streetモデルより減衰力のセットアップをハード方向に振っていますが、サスペンションキットStreetのしなやかな乗り心地は残しつつも、明確にシャープになったハンドリングは速いコーナーで抜群に安定した姿勢を保ちます。
荒れた路面でのブレーキング時など、四輪が地面をつかむような接地感だったり、長く回り込んだコーナーでは微妙なアクセルのオンオフで意のままに車の姿勢を変える事が出来ます。

THREEHUNDREDのサスペンションキットは、自社で保有するデモカーを使い、日本の道、高速道路、ワインディン、サーキットを走り込み、いままで培ってきたABARTHカスタムの経験値をもとに、よりはh尻の質を求めるABARTHオーナーに向けた商品が、このサスペンションキット winding+になります。

ただ走りに振ってもそこはTHREEHUNDREDの商品。
ご家族や荷物を積んで走る際のマナーは大切にしていますので、乗り心地という面でも走りの質は追及しています。
また車高の自由度も大切だと思っていますので、スタンダード車高から低く構える車高まで、幅広い車高セットアップが可能です。

開発段階ではデモカー305でサーキットを走り込み、各サーキットのスポーツ走行やスプリントレースまで参加し、扱いやすいセットアップである事を確認しています。
20段階の減衰力クリックを15〜20段辺りでお使い頂けば、サスペンションキットStreetに似たフィーリングでお使いいただけます。
10段〜5段辺りのフィーリングはまさにニヤリで、タイヤのグリップを存分に使い切れるセットアップとなっています。

付属されるスプリングはTHREEHUNDREDがサスペンションキットの為に専用開発したものになり、ダンパーの特性に合わせて許容荷重と変曲点を考慮し、ベストフィーリングを目指しTHREEHUNDREDが開発したスプリングが付属しています。
フロントのバネレートは6kgと7kgが選択可能となりますのでオーダー時にご指定下さい。
6kgはストリートがメインのオーナー様、7kgはワインディングでよりクイックなハンドリング、強いブレーキングやロール量をコントロールしたいオーナー様に適しています。

winding+はフロントにヘルパースプリングを採用しています。
コーナーのターインや立ち上がりで、Streetモデルを凌ぐトラクションを確保しているのも特徴です。

※7kgをチョイスして頂いても、乗り心地への影響はホボ気にならない範囲だと思います。

別売りのリバウンドストップラバー(THAB2011)とスタビライザーリンク(THAB2212)を同時装着される事で、路面の入力をよりダンパーに伝える事が出来ますので、走りは更に上質なフィーリングへと変化します。

ピロアッパーマウント(THAB2118)も装着が可能となりまして、シャープなハンドリングを追求されるオーナー様にはオススメの組み合わせです。

※スペシャルセッティングをご希望のオーナー様は、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

Your recent history

Recommended

About the owner

AkitoYamaguchi

THREEHUNDREDブログです

ThreeHundredBlog

Mobile