es es-02 FORGED WHEEL NeroScorpione

定価 63,000円(税込68,040円)
販売価格 63,000円(税込68,040円)
購入数
ET
PCD

[es]とは、「emotivo sportiva」の略称で、Dukes&Co.が企画・開発・製造をプロデュースした、鍛造オールカスタムメイドホイールです。
日本が誇る最先端の鍛造技術と加工技術を駆使し、es Wheelから放たれる完全「MADE IN JAPAN」の鍛造ホイールは、イタリア車に特化しオーナー様の事細かなご要望にお応えします。

今回ご紹介する「es-02」は、ABARTH500とABARTH PUNTO用に専用開発された、ABARTH専用ホイールとなっています。
イタリア車ユーザーは事モノ作りには拘り、es-02もオーナー様の拘りを超えるくらいの事細かな拘りを詰め込んだ、究極のABARTH専用Wheelです。

es-02が掲げた開発コンセプトは「バランス」です。
タイヤの激的進化でホイールの設計は大きく変わり、従来の「とにかくばね下を軽量にする」という考え方は終わり、昨今のホイールには軽い事ももちろんですが、車両に合わせたバランスと、ホイール自体の強度が求められるようになりました。
バランスとは真円方向ももちろんなのですが、サスペンションに対して裏リムと表リム、ホイールフェイスとの相対的なバランスが、車の走りを大きく左右します。
es-02は、ABARTH500とABARTH PUNTへの装着を前提に設計されており、ABARTHがベストなパフォーマンスを発揮できるよう、幾度と走行テストとPCによるシュミレーションを繰り返し開発をしてきました。

スタンダードホイールからes-02に変えてすぐ気が付いていただけるのは、マンホールや段差を踏んだ時にお分かり頂けると思います。
「タッタッーン」とサスペンションを変えたかのような軽快な動きで、ホイールの軽さと剛性が手伝い、フロアに振動が伝わる前にサスペンションと連携し、しっかり衝撃を吸収しているのを感じて頂けると思います。

交差点や負荷のかかる高速コーナーでは、ステアリングの舵角に対して素早く且つ正確に車が反応し、ドライバーが狙ったライン通りに車が向きを変えていきます。
特に高速であればあるほどその安定化は増していき、高速道路の長距離巡航やワインディングでは、es-02の真のパフォーマンスを体感して頂けると思います。

常に大型化していくブレーキキャリパーにも対応し、340mmのブレーキローターをも飲み込むキャパシティと、695系のBremboキャリパー、社外の6POTキャリパーも取り付けを可能としています。(インセットとの兼ね合いがあるので、ビックキャリパー装着の際には必ずお問い合わせをお願いします)

オーダー頂く際の特徴として、インセット、ホール数、PCD、センターキャップサイズ、ホイールカラーを設定加工範囲と設定色の中からお選びいただき、貴方だけのホイールをお作り頂く事ができます。
es Wheelでは様々なマッチングデータを持っていますので、お車の車高やどの程度のフェンダークリアランスにされたいか等のご要望をお聞きし、ベストなインセットをアドバイスさせて頂きます。
センターキャップのサイズもご相談にのれますので、ホイールオーダーの際にお問い合わせください。



Your recent history

About the owner

AkitoYamaguchi

THREEHUNDREDブログです

ThreeHundredBlog

Mobile