THREEHUNDRED サスペンションキット For ABARTH PUNTO EVO

型番 THAB2110
定価 368,000円(税込397,440円)
販売価格 368,000円(税込397,440円)
購入数
セット

■ブランド名 THREE HUNDRED
■品番 THAB2110
■商品名 サスペンションキット by OHLINS
■適合車種 ABARTH PUNTO EVO・ABARTH PUNTO

■商品仕様
・減衰力調整 前後20段減衰力調整
・バネレート Front/6kg Rear/4.85kg
・車高調整 フロント/ねじ式調整 リヤ/専用シムにて調整

・倒立マウントダンパー
・キャンバー調整機構(フロント)
・調整式スタビライザーリンク(フロント)

THREEHUNDREDがオーリンズをベースにABARTH PUNTO系用に特注製作をして作り上げたサスペンションキットです。
ABARTH500系に比べるとサスペンションレイアウトの制約は少なく、ダッパーのセットアップも自由度がありましたので、より懐の深い乗り味を実現しました。
ダンパーの調整幅をフルに使う事によって、ストリートからサーキット走行までオールラウンドをカバーできるセッティングに仕上がりました。

倒立式大容量のフロントダンパーは路面の凸凹をきれいにいなし、車の挙動をナチュラルに変えてくれます。
ABARTH500系と同じくあえて低めのレートを選んだのは、スプリングは積極的に動かし「路面や荷重移動の力はダンパーでコントロールする」という方向でセッティングを進めました。
バンプよりもリバンプの特性を重視し、乗り心地とメカニカルグリップの両立を高い次元で融合出来たと思います。
フロントにはキャンバー調整機構を備えていますので、専用のシムを使う事でネガティブキャンバーへセッティングする事も可能です。

リヤサスペンションはABARTH500系と同じくトーションビームではありますが、THREEHUNDRED専用のリヤスプリングの恩恵でリヤストロークを大きく確保し、大容量のダンパーがその動きをしっかり受け止めて吸収しますので、フラットな挙動と幅広いセッティングを実現します。

20段ある減衰アジャスターは様々な路面状況に適合し、ワンクリックで明確にダンパーの特性変化を感じて頂けると思います。
車高もスタンダードのABARTH PUNTOくらいから、低い車高を好むオーナー様までアジャスト可能で、乗り心地は車高が低いからといって損なわれていないと思います。

ピンポイントを狙うオーナー様には、スペシャルモデルもご用意が出来ます。
フロントをピロアッパーにして欲しい、フロントやリヤにサブタンクを装着して欲しい、スプリングレートを指定したい、などなど。
特注仕様に関しましては都度お見積もりさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

Your recent history

About the owner

AkitoYamaguchi

THREEHUNDREDブログです

ThreeHundredBlog

Mobile