THREEHUNDRED リアラゲッジパネル

型番 THAB1052
定価 132,000円(税12,000円)
販売価格 132,000円(税12,000円)
購入数
set
素材

■ブランド名 THREEHUNDRED
■品番 THAB1052(カーボン) / THAB1152(アルカンターラ)
■商品名 リアラゲッジパネル カーボン ¥176,000-(¥160,000)
     リアラゲッジパネル アルカンターラ ¥132,000-(¥120,000)
■適合車種 ABARTH500・500C・595・695・595シリーズ4以降モデル共用
■取扱説明書ダウンロード 準備中

ABARTH500/595/695のリヤシートを外した際、やはり気になるのがそのむき出し感。。。
急にドンガラのレーシングカーのようになってしまいますよね。
個人的に、それはそれで嫌いではありませんが、やはりTHREEHUNDREDとしてはスマートではないかと。

そこでリヤシートを外した際に、いわゆる後部座席から荷室までのフロアをフラットにして、且つカッコヨク見せるフロアパネル。
お客様のニーズを具現化したアイテムです。

ABARTH500系は、リヤシートを外すと荷室が広く、使い易くなり、ロールケージを組んだ方はもちろん、案外リヤシートを外している方が多いのがアバルトであります。

リアラゲッジパネルは二つのマテリアルからお選びいただけます。
オトコのフルカーボンと、純正風味なアルカンターラ。

フルカーボン仕様は、カーボンを愛する方のために製作したと言っても過言ではないほど、車内総カーボンにどっぷり浸かれます。
アバルトの車内がめちゃくちゃカッコよくなること間違いなし。
傷ついたら磨くことである程度戻りますので、贅沢に、ガシガシ物をおいてお使いいただけたらなと思います。

アルカンターラ仕様は、アバルトが一つのお部屋の空間かと思えるくらい、落ち着いたシックな雰囲気に早変わり。
フルカーボン仕様に比べて、そんなに気を遣わずに物を置けるココロの安堵感も感じられます。笑

※リアトランクルームのフロア下スペースへはアクセスが出来なくなります。
※画像の車両には別売のロールケージキットが取り付けされています。
※画像の車両には別売のトランクフレームが取り付けされています。

Your recent history

About the owner

Watanabe

Watanabe Note THE STORE's Blog

ThreeHundredBlog

Mobile